かた

I
かた【夥多】
おびただしく多い・こと(さま)。

「異同~なるを厭ふ/明六雑誌 10」

II
かた【形・型】
(1)外見に現れたかたち。 かっこう。 《形》「髪の~を整える」「~がくずれる」
(2)相対的な特性によって区別される性質や形態。 タイプ。 《型》「新しい~の車」「~によって分類する」
(3)同種類の物を幾つも作る時, 基にする枠や紙。 ひながた・鋳型・型紙など。 《型》「石膏(セツコウ)を~に入れる」「~を取る」
(4)スポーツ・芸道などで規範とされる一定の体勢や動作。 フォーム。

「柔道の~」「~が決まる」

(5)習慣で決まっている形式。 しきたり。 慣例。 《型》「~を破る」「~のとおりに行う」
(6)借金が返せない時の保証として相手に渡す約束をした物。 抵当。 担保。 《形》「土地を~に借金する」「借金の~に家屋を取る」
(7)前に物事のあったことを示すしるし。 あとかた。 形跡。

「所せく集ひし馬・車の~もなく/源氏(須磨)」

(8)絵図。

「~にかきても見まうきさましたり/源氏(末摘花)」

(9)模様。

「着る物の~にてばし侍るか/仮名草子・伊曾保物語」

(10)うらないの結果。 うらかた。

「告(ノ)らぬ妹が名~に出でむかも/万葉 3488」

(11)銭の文字のある方の面。 銭の表。
縵面
[物類称呼]
(12)(「がた」の形で)(ア)名詞の下に付いて, ある物に似たかたちをしていることを表す。 《形》「扇~」「ピラミッド~」(イ)名詞や形容詞の語幹の下に付いて, ある性質・形式をもつことを表す。 《型》「 A ~の血液」「冬~の気圧配置」「ハムレット~」「うるさ~」
~に嵌(ハ)ま・る
一定の形式・習慣に従って特徴がなくなる。 新鮮味がなくなる。

「~・った式辞」

~に嵌(ハ)・める
一定の枠に入れて特徴をなくする。 規格化する。

「子供を~・めてしまう画一教育」

~の如(ゴト)く
決まった形式のとおり。 かたどおり。

「安普請ではあつたが, ~床の間もあつて/平凡(四迷)」

III
かた【掛搭・挂搭】
〔仏〕
(1)その寺に滞在を許された禅僧が錫杖(シヤクジヨウ)を禅堂の搭鉤(トウコ)に掛けること。
(2)禅僧が行脚をやめて一か所に長く滞在すること。
IV
かた【方】
※一※ (名)
(1)方向。 方位。

「東の~, 三〇里」「職(シキ)の御曹司を~悪(ア)しとて/枕草子 161」

(2)〔「北の方」のように, 貴人を呼ぶのに居所の方角を用いたところから〕
人を敬っていう語。

「あの~は, よい~です」「男の~」

(3)ところ。 場所。

「道なき~」「黒羽の館代浄坊寺なにがしの~におとづる/奥の細道」

(4)(多く下に打ち消しの語を伴って)手段。 方法。

「憤懣やる~なし」「言はむ~なく, むくつけげなる物来て/竹取」

(5)頃。 時分。

「来(コ)し~行く末」「この世を去らんとする時にこそ, はじめて過ぎぬる~の誤れる事は知らるなれ/徒然 49」

(6)二つに分かれたものの一方。 仲間。 組。

「左・右と~わかたせ給ふ/源氏(絵合)」

(7)味方。 多く「方をす」の形で用いる。

「娘, 夫の~をして/狂言・水引聟(天正本)」

(8)物事の分野。 方面。 あたり。

「宮仕への~にも立ち馴れ/更級」「なつかしうなまめきたる~は/大鏡(昔物語)」

※二※ (接尾)
(1)動詞の連用形に付いて, そのことを行う方法または, そのありさまの意を表す。 様(ヨウ)。

「作り~」「 話し~」「痛み~」

(2)人名に付いて, 寄宿している場所を表す。 ところ。

「山田~」

(3)「お」を冠した数を表す語に付いて, その数の人を尊敬していうのに用いる。

「おふた~」「お三(サン)~」

(4)〔「がた」とも〕
数量や時を表す名詞に付いて, それくらい・そのころであることを表す。

「五割~高い」「暮れ~」「朝~」

(5)〔「がた」とも〕
動詞の連用形や名詞に付く。 (ア)必ず相手があると予想される場合の, 一方の側を表す。 側(ガワ)。

「父~」「母~」「売り~」「買い~」「敵~」(イ)ある組織内でその方面に関係する人を表す。 係。 担当。 「囃子(ハヤシ)~」「衣装~」「道具~」(ウ)それをすることを表す。 「撃ち~やめ」「依頼~お願いします」

がた(方)
~明・く
陰陽道で方角のふさがりが除かれる。

「~・きなばこそは参りくべかなれと思ふに/蜻蛉(中)」

~が付・く
〔「片が付く」とも表記〕
物事の処理が終わる。 物事のけりがつく。 決着がつく。
~違(タガ)・う
方違(カタタガ)えをする。

「大殿へは~・へむとて渡り給ひにけるを/源氏(夕霧)」

~塞(フタ)が・る
方塞がりになる。

「~・りけれど/大和 8」

~を付・ける
〔「片を付ける」とも表記〕
物事をきちんと処理する。 けりをつける。 決着をつける。

「長年の争いに~・ける」「金で~・ける」

V
かた【潟】
(1)砂州または沿岸州によって海と切り離されてできた湖や沼。 狭い水路で海に通ずるものもある。 潟湖(セキコ)。 ラグーン。 石川県の河北潟はその例。
(2)遠浅の海で, 潮の干満によって陸地が現れたり水面下に隠れたりする所。 干潟(ヒガタ)。
(3)浦。 入り江。 今も「松浦(マツラ)潟」「清見潟」のような地名に残っている。
VI
かた【片】
〔「かた(方)」と同源〕
名詞に付く。
(1)(ア)二つそろったものの一方の意を表す。

「~親」「~思い」「~敷く」(イ)すくない, わずかである意を表す。 「~時」(ウ)完全でない意を表す。 「~言(コト)」(エ)中心より離れ, 一方に寄っている, へんぴである意を表す。 「~田舎」「~山里」

(2)〔上代の用法〕
動詞に付いて, ひたすらそれをするさまを表す。

「~待つ」「~設(マ)く」

片や
~が付・く
「方が付く」に同じ。
〔「片付く」からの類推表記〕
~を付・ける
「方を付ける」に同じ。
〔「片付ける」からの類推表記〕
VII
かた【肩】
(1)首の付け根から腕の付け根に至るまでの胴体の上側の部分。

「~に担ぐ」「~が張る」「~を寄せ合う」

(2)動物の前肢・翼などが胴体に接続する部分の上側。
(3)衣服の{(1)}に当たる部分。
(4)山・道などの人の{(1)}に似た部分。 (ア)山の頂上から少し下がった平らな部分。

「山の~」(イ)道の谷側の端。 「路~」

(5)文字や物の, 上のかどの部分。

「表紙の右~」

(6)物を投げる力。

「~がいい」「鉄砲~」

(7)担ぐ力。 転じて, 責任。 負担。

「~代わり」

(8)〔肩に倶生神(グシヨウジン)が宿っていて人の運命を支配するという俗信から〕
運。

「~のよい者の幸せ見よ/浄瑠璃・万年草(中)」

~が怒(イカ)・る
(1)肩が高く張っている。 いかりがたである。
(2)肩身が広くなる。

「お供についたわしらまで, ほんに~・つた/浄瑠璃・卯月の潤色(中)」

~が凝(コ)・る
(1)肩の筋肉がこわばり, 肩が重苦しくなる。 肩が張る。
(2)緊張させられる。 肩が張る。

「肩の凝らない軽い読み物」

~が張・る
(1)「肩が怒る」に同じ。
(2)「肩が凝(コ)る」に同じ。
~で息をする
上下に肩を動かし, 荒い息をする。
~で風を切・る
肩をそびやかして得意げに歩く。
~にかか・る
責任・義務などが負いかぶさる。 双肩にかかる。

「一家の生活が長男の~・った」

~の荷が下・りる
責任や負担がなくなり気が楽になる。
~を怒(イカ)ら・す
肩をそびやかして威圧的な態度をとる。
~を入・れる
後援する。 ひいきする。 加勢する。 肩をもつ。

「芸術家の卵に~・れる」

~を落と・す
気落ちしてしょんぼりする。 落胆する。
~を貸・す
(1)傷ついた者・病気の者などを肩につかまらせて支えてやる。
(2)手助けをする。 後援する。
~を竦(スク)・める
肩をちぢめるしぐさをする。 恐れ入った, あきれた, 不本意だ, などの気持ちを表す。
~を窄(スボ)・める
(1)寒くて肩をちぢめる。

「雪の中を~・めて歩く」

(2)肩身が狭く感じられて小さくなる。
~を叩(タタ)・く
(1)肩のこりをほぐすため, 肩を手でたたく。
(2)上役が部下に退職を勧める。
肩叩き(2)
~を並・べる
(1)並んで立つ。
(2)同じような力や勢いをもつ。 対等な地位に立つ。

「名人・上手と~・べる」

~を抜・く
それまで負っていた負担・責任をのがれる。 手を引く。

「わしは~・く程に/歌舞伎・お染久松色読販」

~を張・る
威勢のある態度を示す。 いばる。
~を持・つ
ひいきをする。 味方をする。

「女房の~・つ」

VIII
かた【過多】
必要以上に多すぎる・こと(さま)。
過少
「胃酸~」「~な情報」

Japanese explanatory dictionaries. 2013.

Look at other dictionaries:

  • がた — I がた 機械や人間の体が年月がたって調子が悪くなること。 がたがたになること。 「~がくる」「~がいく」 II がた【形・型】 ⇒ かた(形・型)(12) III がた【方】 (1)人を表す名詞に付いて, その複数の人を尊敬していうのに用いる。 「あなた~」「先生~」「御婦人~」 (2)「かた(方){※二※(4)(5)}」に同じ。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • かだ — I かだ 〔動詞「かだむ」の語幹〕 なまけ怠ること。 横着。 「大分の銭を取りながら~をして働かず/浄瑠璃・出世景清」 II かだ【伽陀】 〔梵 gāthā〕 「偈(ゲ)」に同じ。 「香花(コウゲ)を備へ, ~を唱へ/太平記24」 III かだ【加太】 和歌山市北西端の紀淡(キタン)海峡に面する漁村。 古くは紀州から淡路・四国への重要な港。 IV かだ【荷田】 姓氏の一。 V …   Japanese explanatory dictionaries

  • かた — [ref dict= Unihan (Ch En) ]型[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]形[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]方[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]楥[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]楷[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]模[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En)… …   Japanese(Kun) Index for Unihan

  • かたたがえ — かたたがえ【方違え】 陰陽道(オンヨウドウ)の説により平安時代以降行われた風習。 外出の際, 目的地が禁忌の方角に当たる場合, 前夜に別の方角に行って泊まり, 方角を変えてから出発したこと。 また, 作事などが禁忌の方角に当たる場合に, いったん他に宿泊してその忌を他所に移したりした。 院政期に最も盛んに行われた。 かたいみ。 かたたがい。 → 方塞がり …   Japanese explanatory dictionaries

  • がたがた — ※一※ (副) (1)堅い物が触れ合って出る騒がしい音を表す語。 「風で雨戸が~(と)鳴る」 (2)小刻みに震えたり, 揺れ動いたりするさま。 がくがく。 「体が~(と)震える」 (3)物事が混乱して滑らかに進行しないさま。 ごたごた。 「会社の中が~している」 (4)不平がましく言い立てるさま。 「細かい事で~言うな」 ※二※ (形動) (1)組み立てなどがゆるんで, 物が壊れかかっているさま。 「~の机」 …   Japanese explanatory dictionaries

  • かたまる — かたまる【固まる】 (1)やわらかいものや液状・粉状のものが, 変形しにくいものに変わる。 固くなる。 凝固する。 「セメントが~・る」「砂糖が~・る」 (2)ばらばらであったものが, ひとまとまりになる。 寄り集まる。 「部屋の隅に~・ってすわり込む」「全員の心が一つに~・る」 (3)不安定であったものが安定する。 しっかりする。 確実になる。 「基礎が~・る」「意志が~・る」「証拠が~・る」 (4)一つのことを深く信じ込む。 またそうして, 他を顧みなくなる。… …   Japanese explanatory dictionaries

  • がたつく — (動カ五) (1)がたがたと音を立てる。 「風で戸が~・く」 (2)もめごとなどが起こってざわめく。 ごたつく。 「派閥抗争で党内が~・く」 (3)調子が悪くなって壊れかかる。 がたがくる。 「車が古くなって~・いてきた」 (4)寒さや恐れのために体が震える。 「膝(ヒザ)が~・く」 …   Japanese explanatory dictionaries

  • かたかな — かたかな【片仮名】 〔「かたかんな」の転。 「かた」は不完全の意。 多く漢字の画の一部分より作られたのでこの名がある〕 仮名の一種。 万葉仮名として用いられた漢字の一部分, あるいは画数の少ない漢字の全画より作られた音節文字。 平安初期, 漢文訓読に用いられたものが起源。 1900年(明治33)の「小学校令施行規則」改正で種々の異字体を廃し現行字体に統一された。 現在は主に外来語・擬声語・擬態語などの表記に用いられる。 大和(ヤマト)仮名。 五十音仮名。 略体仮名。 → 仮名 → 平仮名 …   Japanese explanatory dictionaries

  • かたわらいたし — かたわらいたし【傍ら痛し】 (1)傍らで見ていて, 気の毒だ。 いたたまれない気がする。 心苦しい。 はらはらする。 「簀の子は~・ければ, 南のひさしに入れ奉る/源氏(朝顔)」 (2)そばで見ていて苦々しい。 はたで聞いていて笑止だ。 「大方差し向かひてもなめきは, などかく言ふらむと~・し/枕草子262」 (3)傍らの人が自分をどう思うだろうと考えると, 恥ずかしい。 きまりがわるい。 「~・く心の鬼出で来て, いひにくくなり侍りなむ/枕草子 135」 → 片腹痛い …   Japanese explanatory dictionaries

  • かたはらいたい — かたはらいたい【片腹痛い】 〔中世以降, 文語形容詞「傍(カタハラ)いたし」の「かたはら」を「片腹」と誤ってできた語〕 身のほどを知らない相手の態度がおかしくてたまらない。 ちゃんちゃらおかしい。 笑止千万だ。 「あの声で歌手とは~・い」 → かたわらいたし …   Japanese explanatory dictionaries

Share the article and excerpts

Direct link
Do a right-click on the link above
and select “Copy Link”

We are using cookies for the best presentation of our site. Continuing to use this site, you agree with this.